協会活動

第21回技術発表会

2019年07月08日 【活動報告】

 2019年7月8日に「第21回技術発表会」を「みんなの森 ぎふメディアコスモス」にて行い、官公庁関係者60名、GCCA会員等129名 計189名に参加して頂きました。
技術発表会にあたり、岐阜大学工学部社会基盤工学科の能島教授による「繰り返す地震災害に何を学ぶか」と題して基調講演を頂き、その後7編の技術発表(GCCA会員5名、岐阜県郡上農林事務所林業課林道係の下出氏、及び岐阜大学工学部社会基盤工学科の八嶋教授)、5編の論文投稿者の紹介を行いました。

 技術発表の中には、岐阜県において初めて導入されたラウンドアバウトについて、その導入経緯や技術的な対応など、ラウンドアバウト業務の実施に参考となる貴重な技術発表もありました。
 最後に、基調講演を頂いた能島教授から講評を頂き、継続的な技術研鑽に向けた助言を頂きました。

TOP